リーダーシップ

マーク・ロビンソン社長

1999年初頭、マークは UPS Capitalに入社しました。マークは、在職期間中に販売、製品マーケティング、およびオペレーションに携わりました。UPS Capitalが新興企業から22カ国に600人以上 の従業員を擁する世界規模の企業へと成長するにつれて、マークはシニアリーダーシップ 保険およびサプライチェーンファイナンスを担当するようになりました。サプライチェーンファイナンスのシニアマネージングディレクターおよびグローバルオペレーションのシニアバイスプレジデントとしての 経験を経て、マークは2016年9月にUPS Capitalの社長に任命されました。

実績:

  • ジョージア州てんかん財団理事長
  • 退役軍人プログラムのUPSエグゼクティブアドバイザー
  • アメリカ合衆国海兵隊の退役軍人
  • カリフォルニアステートユニバーシティ(California State University)でマーケティングの学士号、およびナショナルユニバーシティインサンディエゴ National University in San Diego)で経営の修士号を取得しました。

キース・コックス営業担当副社長

キース・コックスは30年以上にわたりUPSファミリーの貴重なメンバーです。 キースは在職期間の大部分を、顧客がビジネス上の問題を解決するのを手助けするチームの構築に焦点を当てたさまざまな営業およびリーダーシップの役割に費やしてきました。 今日、彼はUPSキャピタルズの開発をリードし、営業担当副社長として顧客のニーズとビジネスチャンスに対処する市場戦略計画を行っています。

業績:

  • Atlantic International Universityで経営学の学士号を取得
  • J. Mack Robinson College of Businessで新興市場戦略の認定を取得し、University of Chicago Booth School of Business Executive Educationで企業戦略の認定を取得
  • GSU Risk Management Foundation(RMF)理事長

キャシー・ヒルトン法務担当副社長

UPSで15年以上勤務したキャシーは、現在UPS Capitalの法務・コンプライアンス事案を担当し、UPS Capitalの法令遵守のための手順および手続きを監督しています。時宜を得た、コスト効果の高い、ソリューション重視の優れた法律上の助言でUPS Capitalのビジネスパートナーをサポートします。契約プロセスの改善による訴訟問題の件数削減と法務・コンプライアンス費用の削減に貢献しました。

実績:

  • Smith, Gambrell & Russellの弁護士、Ethicon, Incのマネージャー、Burlington Industriesの生産部長を歴任
  • 現在はSheltering Arms Early Educationの役員会および執行委員会、Emory Alumni Associationの役員会に参加
  • ノースカロライナ州立大学でテキスタイルマネージメントの学位を取得し、エモリー大学法学部で法学位を取得

キール・ハークネスマーケティング担当副社長

キール・ハークネスは1999年からUPSに在籍しています。  マーケティング担当バイスプレジデントとして、グローバルUPSキャピタルデジタルマーケティングおよびデジタルプロパティ、チャネルマーケティング、ビジネスインテリジェンス、製品開発、コミュニケーションと広告、国際フィールドマーケティングチームの管理と監督を担当しています。  UPS Capitalに勤務する前は、英国、アイルランド、北欧市場のマーケティング担当ディレクター、シンガポールに拠点を置くアジア太平洋のビジネスプランニング・レベニューマネージメント・ディレクターなど、UPSで国際的な役割を7年間勤めました。 ハークネスは、国際的な任務に先立ち、米国内のマーケティングと販売において様々な役割を担いました。  

業績:

  • UPSキャピタルの米国国内ゴートゥマーケットのデジタルトランスフォーメーション。 コアデジタルオファリングおよび提案のリブランディングをサポート
  • 英国でUPSヨーロッパ初のSMB(中小規模企業)デジタルエコシステムを立ち上げました
  • 複数のUPS部門を対象に、主要なアジア市場全体に価格設定の自動化を導入しました
  • ボストン大学で芸術科学学士号を取得し、ジョージア州立大学で経営学の修士号を取得しました

ジョージ・ナヴァロヨーロッパ地域担当副社長

ジョージ・ナヴァロ氏は、UPS Capital に2012年に入社しました。 この4年間におけるUPS でのキャリアにおいて、同氏は、メキシコのUPS Capitalのカントリーマネージャーや、メキシコとブラジルとカナダのためのアメリカマネージングディレクターといったいくつもの重要な役職に就きました。

1998年から2012年の間、同氏はメキシコ、チリ、アルゼンチンのUPS Capital Business Creditのマスターエージェント兼国の代表者でした。 UPS Capitalは、この銀行部門を通じた輸出信用機関のプログラムを利用し、資本財を輸入する会社に資金を提供しました。

2012年4月、UPS Capitalがそのマスターエージェントの活動を統合したとき、同氏はUPS Capitalに誘われ、メキシコのUPS Capitalのカントリーマネージャーとして、リスク軽減ポートフォリオの立ち上げと開発という任務を与えられました。 2年後、彼はブラジルを担当に加え、2015年秋にはカナダも追加されました。

2016年7月、同氏はヨーロッパを担当するUPS Capital副社長として選任されました。

実績:

  • 米国およびラテンアメリカにおけるさまざまな部門において、ビジネスの創設、開発と管理で30年以上の経験
  • メキシコ、チリ、アルゼンチンにおけるUPS Capital Business Creditの担当オフィスを運用するための責任を負う財務サービス会社、Cima Capital LLCの創業メンバーであり、ゼネラルマネージャー
  • 国際金融機関のメキシコの組合の取締役会の前メンバーであり、メキシコの銀行の組合の駐在員事務所支部の前メンバー
  • 強い影響力のある起業家をサポートする非営利団体である、Endeavor Mexicoで過去11年にわたりメンターであり、2010年から2015年までその審議官を務める
  • Universidad La Salleを土木技師として卒業し、Instituto Panamericano de Alta Direccion de Empresa (IPADE)からMBAを取得

レオナ・ラペライ副社長

レオナ・ラペライはFirst International Bankが買収されたことにより2001年UPS Capitalの一員となりました。ラペライはUPS Capital及びUPSで何年間にも渡り、UPS Capitalのオペレーションズ及びアジアパシフィック地域担当ヴァイス・プレジデント、UPS Supply Chain Solutionsのグローバルエンプロイーリレーションズ部長、UPSのコーポレートエンプロイーリレーションズ部長、UPS Capitalの人事部長などのさまざまな役割を歴任しました。彼女は現在UPS Capita内lで主要戦略イニシアチブで最高幹部の役割を担っている。

実績:

  • First International Bank(UPSが買収する前)、Liberty Bank、Ames Department Store(オフィス部門)、Tolland Bankで人事のリーダーシップの役割を担う
  • Society for Human Resource Management and Senior Certified Professionals (SHRM-SCP) 会員
  • ジョージア州の非営利機関Sheltering Arms役員会の前会長に就任
  • セント・ローレンス大学で音楽の学位を取得し、レンセラー工科大学で人事管理学修士を取得

ジョナサン・テリー財務担当副社長

ジョナサン・テリー、1996年からUPSに勤務しています。UPS Capitalの財務担当副社長として、テリーは、財務計画と会計実務、予算編成、キャッシュ管理、報告、税金を担当しています。その前に、テリーはUPS Capitalの財務管理者として勤務していました。彼のキャリア全般にわたり、マーケティング、運用、財務に関する数多くの役割を担ってきており、これには、UPS Capital Business Credit、コネチカット州を基盤とする州営銀行の運営部長としての経験も含みます。

業績:

  • ジョージア州立てんかん財団の会計担当
  • ショーター大学で会計学の学位を取得 ケネソー州立大学で財務の修士号を取得しました

スリカンス マリヤオペレーションズ及びアジア太平洋地域担当ヴァイス・プレシデント

スリカンス・マリヤは1999年にUPS Capitalの創設を支援し、同社の事業の成長、統合、再定義の局面において貢献しました。長年にわたって、マリヤはUPS CapitalとUPS内においてさまざまな役割を果たしました。また地理的にそして機能分野的に複数の領域で活躍してきました。彼は近年、UPS Capitalの戦略及びコーポレート・デベロップメント・マネージング・ディレクターを務め、大規模で多機能な変換プロジェクトの開発と展開、成長イニシアチブ、そしてパートナーシップ活動に貢献しました。 ヴァイス・プレイジデントとして、彼は、カスタマー・リレーションズ、保険請求、引受業務、エンジニアリング、ソリューション/DX及びアジア地域をサポートします。

業績:

  • 中国の大手エクスプレス小包輸送会社であるSF ExpressとUPSの合弁事業に携わりました
  • 世界最大の非営利団体である、TiEのアトランタ支部のチャーターメンバー。TiEは、メンタリング、モチベーション、ネットワーキング、教育を通じて世界的に起業家精神を促進することに尽力しています
  • インドのManipal Institute of Technologyから工学学士号、University of Texas、Arlington校から経営学修士号を取得しています。

マヌエル・ヴェルデズ
Parcel Pro及びアメリカ地域担当副社長

マヌエル・ヴェルデズは、Parcel Proの買収を通じて、2015年にUPS Capitalに加わりました。Parcel Proは、宝石や時計などの貿易のための特別な保険付きの出荷ソリューションにおいて、業界をリードする会社です。ヴェルデズは、創業時からParcel Proに17年以上在籍し、米国およびアジアにおける宝石産業の重要地域において、運営上また地理上の、グローバルな拡大について、責任を負っていました。ヴェルデズは、厳格なセキュリティプロトコル、高度な技術、また顧客に対するきめ細やかな最上級のサービスを通じ、Parcel Proを保険付き輸送のリーディングカンパニーとして構築するため尽力しました。彼は現在、米州のUPS Capitalの責任者であるのと同時に、米国内のParcel Proの責任者です。

実績:

  • 米国において、保険付き輸送会社のうち業界をリードする会社の一つを運営、発展させ、米国およびアジアの市場における拡大を達成
  • 損害保険、傷害・健康保険、またサープラスラインにおいて仲介免許を所有
  • トーマス・エジソン州立 大学で、科学と数学の学士号を取得

Angie Brewer人事管理マネージングダイレクター

Angie Brewerは、1992年に入社し、オペレーション部門から始めました。 彼女はすぐに昇進し、さまざまな役職を歴任し、2002年にUPSで人事管理ダイレクターとしての任務に就きました。 長年にわたり、Brewerは国内外共にいくつかのUPSビジネスユニット、地区、地域をサポートしてきました。 UPS Capitalでの役割で、彼女は新しい人的資本の変革イニシアチブを含む、戦略的人員配置、従業員関係、トレーニング、および開発の管理を行います。

業績:

  • 人的資本の変革イニシアチブをサポートするためのグローバルHRポリシーの開発を支援
  • アトランタのウェルスプリングリビングの諮問委員会のボランティア
  • コロラド大学で英語の学士号を取得し、ノースウエスタン大学ケロッグ経営大学院で金融のExec. Edを終了

ビル・ロイヤルIT担当マネージングディレクター

ビル・ロイヤル(Bill Royal)は2000年からUPSに勤務しており、カスタマーテクノロジー、サプライチェーンソリューション、UPS Capitalなど、さまざまな部門やビジネスユニットのソフトウェア開発に携わっています。 ビルは、Quantum View管理(Quantum View Manage)、サービスパーツロジスティクスユニバーサルソリューション(Service Parts Logistics Universal Solution)、グローバルヘルスケアのシリアル化(Global Health Care Serialization)、保険近代化(Insurance Modernization)を含むいくつかの主要なUPSイニシアチブでリーダーシップを発揮しました。 現在、彼はUPS Capitalおよびその関連会社のITポートフォリオを監督し、プロジェクト管理、技術運用、アプリケーション開発を担当しています。

業績:

  • Sun認定Java開発者
  • 認定スクラムマスター
  • ジョージア大学(University of Georgia)でリスク管理と保険の学士号および経営管理の修士号を取得

コリーン・ハックリー戦略・企業開発担当常務取締役

コリーンは2004年にUPSのキャリアをスタートさせ、さまざまな営業職に就きました。 2010年、彼女はUPS Capitalに異動し、ミッドマーケットの営業管理を担当しました。 コリーンは最近、組織のパートナーおよびアライアンス戦略を担当し、UPS Capitalのデジタルエクスペリエンス戦略の開発を支援しました。 現在、コリーンは企業戦略と部門横断的な変革プロジェクト、成長イニシアチブ、活動の開発と展開を担当しています。

業績:

  • イノベーション・ソーシャルアワーポッドキャストの共催
  • シカゴ、デンバー、デュッセルドルフのDeloitteでシニア・タックス・マネージャーを務める
  • ロヨラ大学で公会計学の学士号を取得し、レジス大学でMBAを取得